バイトを辞退したいときの感じの良い断り方

アルバイトを辞退したいときの感じの良い断り方

スポンサーリンク

アルバイトを探しているとき、並行して同時にいくつかの求人に応募をしている方も多いと思います。
行きたいお店からの採用連絡を受けたら、とても嬉しくなりますよね。
でも、
「そういえば明日、別のアルバイトの面接に行く予定だった…」
「ちょうど昨日、別のところから採用連絡をもらってしまっていた…」
と、他のアルバイト先をどうしたらいいか悩む方も多いと思います。

 

アルバイトの面接を断りたい、採用を辞退したい…
そんなタイミングは誰でもありますよね。
そんなときのポイントについてご説明します。

 

 

辞退したいときの断り方

①シンプルに「辞退したい」と伝える

アルバイトをしたいと思っている人は、年齢も学生~年配の方まで幅広いですし、それぞれがアルバイトをしたい理由もさまざまです。
アルバイトの面接官には辞退の理由を細かく聞かない人も多いので、都合が悪くなって働くことができないと伝えればわかってもらえることが多いです。
下手に理由を取り繕ってしまったり、嘘の理由を伝えて印象を悪くさせてしまうかもしれないリスクを考えた場合、このようにシンプルに断ることが効果的です。
ただ、面接官によっては辞退の理由を聞かれる場合もあるので、もしさらに訊かれた場合に何と答えるかは念のために考えておいた方がよいでしょう。

<断り方の例>
「先日アルバイトの採用連絡をいただいた○○と申しますが、都合が悪くなり働けなくなってしまったので、辞退させていただきたくご連絡しました」

 

②「他のアルバイト先が見つかった」と伝える

アルバイトを探している人が、同時にいくつかのアルバイト先に応募していることはよくあることです。
面接官も当然そのことを知っているので、他にアルバイト先が見つかったことを伝えれば辞退を受け入れてくれます。
ただし、採用連絡をもらってから何日も経っている場合や、そこで働くと約束をしてしまっている場合などにこの理由で断るのは
相手にとってすごくよくない印象になってしまうので、その場合は③などの断り方を選びましょう。

<断り方の例>
「先日アルバイトの面接をさせていただいた○○と申しますが、他のアルバイト先が見つかったので辞退させていただきたくご連絡しました」

 

③「どうしようもない事情により働けなくなってしまった」と伝える

採用連絡をもらってから何日も経っている場合や、そこで働くと約束をしてしまっている場合など、今から断ると相手に迷惑がかかってしまう状態などには、
どうしようもない事情ができてしまったことを伝えましょう。
嘘をつくのは心苦しいかもしれませんが、何も伝えないまま働く日に行かないことは更に迷惑をかけてしまうことになってしまいます。
自分に言える範囲の理由を見つけて、それを伝えましょう。

<断り方の例>
「先日アルバイトの採用連絡をいただいた○○と申しますが、親にアルバイトはやはりダメだと言われてしまい…辞退させていただきたくご連絡しました」
「昨日部活で足に怪我をしてしまい、働くことができなくなってしまい辞退させていただきたくご連絡しました」

 

断るときのポイント

  • できるだけ早めに断ること
  • メールなどではなく、電話できちんと断ること
  • 申し訳ない気持ちをもって丁寧に話すこと

 

時間がたってしまうほど、断るのは難しくなります。できるだけ早めに断りましょう。
面接の約束をしている場合は、面接官は忙しいスケジュールをあなたとの面接の時間のためにあけて待ってくれています。
採用の連絡をもらってからは、アルバイト先ではあなたが働き始めるための準備や用意を始めています。
何も連絡をいれないでやり過ごすことは、相手にすごく迷惑をかけてしまうことになります。
社会は思わぬところでつながっています。そのときのマナー違反が、思わぬところであなたのよくない印象として広まってしまうかもしれないのです。
また、アルバイト応募のやり取りは電話でやり取りされることが多いので、辞退の連絡も電話で伝えましょう。
最後の印象はとても大事です。
気まずさを残さないように、お互い気持ちよく終わりを迎えられることが一番ですよね。
「どうせ働かないお店だから…」と考えるのではなく、辞退することを申し訳なく思っている気持ちをもって丁寧に断りましょう。

 

アルバイト探しって難しい・・・

そんなあなたにオススメの求人サイトをまとめてみました!

定番の大手サイトから地域に密着した探し方が出来るサイトまで

幅広く取り扱っています!

紹介ページはコチラから!


スポンサーリンク

関連記事一覧