「フリーター」と「ニート」の違いとは?

「フリーター」と「ニート」

スポンサーリンク

 

「フリーター」と「ニート」という言葉は、多くの人がきっと今までに一度は耳にしたことがあると思います。
どちらも日本で広まったのはわりと最近のことですが、二つの違いがよくわからないという人も多いと思います。

 

厚生労働省によると、それぞれ以下のように定義されています。

  • フリーターとは、15~34歳の男性又は未婚の女性(学生を除く)で、パート・アルバイトして働く者又はこれを希望する者。
  • ニートとは、15~34歳の非労働力人口のうち、通学、家事を行っていない者。

 

 

「フリーター」は、元々は「フリーアルバイター」という言葉が始まりになります。
1985年に東京のシンガーソングライターによる「フリーアルバイター」という造語を、翌年に朝日新聞が紹介したことをきっかけに全国に流行しました。
1987年にリクルート社の社員が「フリーアルバイター」を「フリーター」と略して紹介したことをきっかけに、この名前が定着したのです。

 

この言葉が流行した頃はバブル時代で景気もよかったので、フリーターとしてアルバイトで働いていても高い給料を貰い、
生活に困ることなく過ごすことができていました。
正社員にはない自由さを好みフリーターに進んでなる人も多く、フリーターに憧れを持つ人もいました。

 

しかし、バブル崩壊後の氷河期になると、社会全体の不景気により就職難が進み大卒者でさえ半分がどこにも就職できないような時代になってしまいました。
バブル期のフリーターは「望んでフリーターになった人」ばかりでしたが、
氷河期のフリーターは「望んでいないがフリーターにならざるを得なかった人」たちであふれ返ったのです。

 

そして現在…
バブル期のような好景気ではなく、氷河期のようなひどい就職難でもない中で、
新しいフリーターのスタイルがうまれてきていると言われています。

 

それは「やりたいことが見つからないからフリーターをしている人」や
「一度就職したがうまくいかなかったので辞めてフリーターになっている人」などです。
バブル期のように「強く望んでなった」わけでもなく、氷河期のように「どうしてもフリーターしか選ぶ道がなかった」わけでもない…
そんな新しいフリーターが増えていると言われています。

 

また、「フリーター」の言葉よりも後に、「ニート」という言葉が日本で広まりました。
元々はイギリスの労働政策の用語である「Not in Education,Employment or Training(就学、就労、職業訓練のいずれも行っていない若者)」を略した言葉です。
簡単に違いを説明すると、「フリーター=パートやアルバイトで働いている人か、働きたいと思っている人」のことで、「ニート=仕事、学業、家事をしていない人」のことです。

 

アルバイト探しって難しい・・・

そんなあなたにオススメの求人サイトをまとめてみました!

定番の大手サイトから地域に密着した探し方が出来るサイトまで

幅広く取り扱っています!

紹介ページはコチラから!


スポンサーリンク

関連記事一覧