バイト、パート面接で口下手&話好きの人は要注意!

アルバイト面接で口下手&話好きの人は要注意!

スポンサーリンク

 

「口下手だから…」「人と話すのが苦手で…」と面接に苦手意識を持っている人も多いと思います。
ですが、ほんの少しだけポイントを意識すればずいぶんと印象がよくなるのです。

 

逆に「話好きだから面接なんてきっと余裕!」と思っている人もいると思います。
けれど、その過信は要注意です。
話好きの人は、その性格が逆にマイナスイメージにつながってしまうケースもあるのです。
どちらの人も注意するポイントをおさえて、面接での好印象につなげていきましょう。

 

 

口下手な人のポイント

アルバイトの面接官は、「やる気のある人かどうか」を見ています。
やる気はあるのに口下手すぎてやる気が伝わらなかったら、とても残念ですよね。
一言付け足して、やる気をアピールすることを心がけてみましょう。

 

 

話好きの人のポイント

話好きはいいことですが、
相手が求めていないことまで話してしまうのはマイナスの印象になってしまいます。
アルバイトの面接官は忙しいスケジュールの中で面接をしているので、一人あたりの面接時間は決まっています。
自分をアピールするために長々と話をしてしまうのは、相手の余計な時間を割いてしまうことになってしまい迷惑をかけてしまいます。
質問には、話し足りないくらいの少な目のボリュームで回答するように心がけましょう。
話の内容で面接官が気になったポイントにはさらに質問をしてくるので、そのときにまた答えるようにして細かく会話を重ねていきましょう。

 

 

ここでは、例を挙げてご説明します。
あなたが面接官だったとき、同じ質問に対する以下の3パターンの回答を読んで、どの回答がいいかを考えてみてください。

 

<例>

面接官:「勤務始めは時給800円スタートなので安いと感じているかもしれませんが…
      大丈夫ですか?」

 

 

回答1
「…大丈夫です。」

 

 

 

回答2
「はい、大丈夫です。 人情報に「昇給制度あり」の記載がありましたので、頑張って経験を積んで昇給できるように励みたいと思っております。」

 

 

 

回答3
「大丈夫です!以前短期間で働いているときはもっと安い時給で働いていましたし、そのときは
 こんな内容やあんな内容などの大変な業務も多かったのですが、とてもやりがいを感じながら
 働いていましたし、その結果こんなに大きな成果をあげてたくさんの思い出もできて今でもその
 ときの仲間たちとは………」

 

あなたが面接官だった場合、どの回答をした人を採用したいと思うでしょうか?

 

 

この例から見てもわかるように、口下手すぎる回答1だとうまくやる気が伝わりません。
話好きの回答3の場合は、800円で大丈夫なことはわかるのですが、
その後の話が長すぎてもはや本人が何を伝えたいのかがわからなくなってしまい、聞いている面接官もうんざりしてしまいます。

 

 

「面接者の質問にきちんと回答をしながら、やる気を一言添えること」が何よりも大事です。
面接時間はとても短いですし、やり直すことができません。
質問されそうな内容を事前にリストアップして、回答を準備してから面接に臨みましょう。

 

アルバイト探しって難しい・・・

そんなあなたにオススメの求人サイトをまとめてみました!

定番の大手サイトから地域に密着した探し方が出来るサイトまで

幅広く取り扱っています!

紹介ページはコチラから!


スポンサーリンク

関連記事一覧