「バイトでも税金を払うの?」 アルバイトの税金について

「アルバイトでも税金を払うの?」 アルバイトの税金について

スポンサーリンク

 

税金とは、国に納めるお金のことです。
消費税、所得税、住民税など…色々な税金の名前を聞いたことがあると思いますが、何かをするときに私たちは国に税金を納める決まりになっています。
私たちは雇用形態にかかわらず、働いて得た金額に応じて税金を払わなければいけません。
つまり、「アルバイトでも税金を払う」決まりになっているのです。
けれど「年収が103万円までなら税金がかからない」という話を聞いたことがある方も多いと思います。
アルバイトでも税金は関係します。仕組みを知らないと、気付かないうちに損をしてしまうことにもなるのです。

 

 

アルバイトの税金について

アルバイトで働くことによってかかる税金は、「所得税」と「住民税」の2つになります。
自分の収入が増えるほどに支払う税金の額も高くなっていきますが、ある金額以下の場合はその税金が免除され支払わなくてよい仕組みになっています。

 

所得税について

所得税は、自分の所得金額に定められた税率をかけることで算出されます。
(たとえば、所得が50万円で税率が10%の場合は、50万円×10%=5万円が税金となります。)
ここで重要になるのが、税金の計算をする前に所得金額から差し引いてくれる「控除」というものがあるということです。
控除にはいくつか種類がありますが、ほとんどの方が受けることができる控除が2つあります。

  • 基礎控除(対象:全員) 年間38万円
  • 給与所得控除(対象:給与を受け取る人) 年間65万円

この合計103万円は、アルバイトを含む、給与を受け取る全ての人が受けることが出来る控除です。
つまり『所得金額-控除額103万円(基礎控除38万円+給与所得控除65万円)=課税対象となる所得金額』という計算をしてから、そのあとで税金が求められるという流れなのです。
したがって、年収が103万円以下の場合は、計算後の「課税対象となる所得金額」が0円になるので、支払う所得税も0円になります。
さらに学生は「勤労学生控除(年間27万円)」という控除が適用されるので、103万円+27万円=130万円までは、支払うべき所得税は0円となります。

 

住民税について

所得税と同じような決まりにより、年収100万円以上の人から支払いが発生する税金です。

 

 

あなたを扶養にしている方の税金が増えないためには

アルバイトをこれから始めようと思っている方は、今は誰か(親や配偶者など、働いている方)の扶養に入っている状態だと思います。
誰かを養っている場合は「配偶者控除」や「扶養控除」という控除が適用されて、働いている人自身にかかる税金が安くなっています。
けれど、これは年収103万円以下の配偶者や扶養親族がいる場合にのみ適用となる控除なので、もしあなたの年収が103万円を超えてしまった場合、この控除がなくなり扶養してくれていた方の税金が高くなってしまうのです。

 

 

①~③によって、年収の100万円、103万円、130万円のラインごとに、支払う税金額が増えていくことがわかります。
特に、103万円以上になると所得税がかかることと扶養者の控除が受けられないことは税金額が大きいので、ひとつのボーダーラインとして「103万円をこえないようにしよう」と言われているのです。

 

 

アルバイトの確定申告

「確定申告」と聞いてもピンとこないかもしれません。
けれど、これは「引かれすぎた税金を取り戻す」という大事な意味をもつものなのです。
所得税は、年収103万円以下の方は0円になるといいました。
けれど所得税は年収が103万円を超える超えないにかかわらず、なんと毎月給料から天引きされているのです。
たとえば扶養親族がいない人の場合は、月給88,000円以上の月は給与から自動的に所得税がひかれています。
短期アルバイトで月15万円を3ヶ月間稼いだ場合は、年収は103万円をこえていないのに、所得税は働いていた3か月間毎月自動的に引かれているのです。
その余分に支払った税金をあとから取り戻すのが、確定申告になります。

 

アルバイト探しって難しい・・・

そんなあなたにオススメの求人サイトをまとめてみました!

定番の大手サイトから地域に密着した探し方が出来るサイトまで

幅広く取り扱っています!

紹介ページはコチラから!


スポンサーリンク

関連記事一覧