バイト、パート面接に合格、採用のために重要なポイント

アルバイト面接に合格するために重要なポイント

スポンサーリンク

面接に合格するために重要なことは、一体何でしょうか?

 

アルバイトの採用、大学生の就職活動、社会人の転職活動など…
どのシーンでも必ず「面接」は行われています。
ここでは「面接は一体なんのために行われているのか」という切り口から、面接に重要なことを考えてみましょう。

 

面接に行く前には、すでに履歴書を渡していることも多いですよね。
筆記試験や性格診断テストと呼ばれるペーパーテストを受けていることもあります。
でも、それではまだ採用するかを決められないので、次に面接があります。

 

「就職は結婚と同じである」と言われることがあります。
結婚に例えて、この状況を考えてみましょう。

 

あなたが結婚したいと思っていたとき、突然あなたの元に知らない方から履歴書が届きました。
写真が貼ってあり今までの経歴が書いてあり…そしてその後に筆記試験の結果も届きました。
相手の得意教科と苦手教科がわかり、一緒に付いていた性格診断の結果も読みました。
この状況で、あなたは相手との結婚をどうするか決心できるでしょうか?

 

きっと「まだ決められない」と答えると思います。
それまでの情報で「結婚は絶対無理」と思ったら断っていると思いますが、そうではない場合は「まだどちらにも決められない」状態のはずです。
そしてその理由は「会ってみないとわからないから」ではないでしょうか。

 

 

面接も同じです。
履歴書の内容や筆記試験の結果だけでは、本当にその企業との相性がいいのかはまだ未知数なのです。
なので直接応募者と会うことで、応募者の性格や雰囲気が社風に合うかを見極めたいと思っているのです。
もちろん、結婚も仕事もお互いに意思があります。
直接会うことで、応募者が「思っていたイメージと違うから辞退したい」と思うこともあります。
会社も応募者もどちらのミスマッチも防ぐために、お互いをよく知るために、面接をするのです。
ここまで来ると、面接で重要なことが何なのかがなんとなく見えてくると思います。

 

 

面接で評価される重要な点は、以下の2点です。

 

①安心して仕事を任せられるような、社会人としての素養があるか

 

②面接官が「一緒に働きたい」と感じるか

 

「安心して仕事を任せられるような」と言うのは、仕事のスキルの話ではありません。
未経験スタートでも、最初は一人で働けなくても、何も問題はありません。
「社会人としての素養があるか」というのは、具体的には下記のようなことです。

  • 目的意識を持っているか
  • 話や行動に一貫性があるか
  • 人生や仕事に意欲があるか
  • コミュニケーション能力があるか
  • この会社で働きたいというやる気が感じられるか

 

そして「一緒に働きたい」というのは、具体的には下記のようなことです。

性格や雰囲気が社風に合うか

これは感覚的なものなので事前対策は難しいですが、もし面接をしたときにあなた自身が違和感を感じたら、
それはその会社とのミスマッチの予感かもしれないので、注意深く考えてみてください。

 

アルバイト探しって難しい・・・

そんなあなたにオススメの求人サイトをまとめてみました!

定番の大手サイトから地域に密着した探し方が出来るサイトまで

幅広く取り扱っています!

紹介ページはコチラから!


スポンサーリンク

関連記事一覧