バイト、パート面接でよく聞かれる質問と回答例

アルバイト面接でよく聞かれる質問と回答例

スポンサーリンク

 

面接では、よく聞かれる質問があります。
ここでは代表的な質問とその回答例を紹介します。
ここに挙げた質問の回答を事前に準備をしてから、面接に臨みましょう。

 

志望動機を教えてください。

一番多い面接の質問です。基本的には、履歴書に書いてある志望動機を答えましょう。
「お金ほしさ」や「なんとなく…」などではなく、社会勉強や経験を積むため、仕事内容に魅力を感じて、などの前向きな気持ちを伝えましょう。

 

<良い例>

「御社のお店が好きで、ぜひこちらで接客を学びながら働きたいと思い応募しました」

 

<悪い例>

「なんとなく…アルバイトを探していたので…」
「仕事が簡単そうだったので」

 

以前働いていたアルバイトをやめた理由はなぜですか?

人によっては、やめた理由がネガティブな場合もあるかと思います。
けれど、面接官に「またここもやめてしまうかもしれない」と思われてしまう可能性があるので、正直に伝えるのは避けましょう。
マイナスイメージにならないような答えを用意しておくといいでしょう。

 

 

<良い例>

「元々短期間のアルバイトだったので、3ヶ月間の契約期間で働かせていただきました」
「長く働かせていただく予定でしたが、6月に部活で大会出場が決まり両立が
 難しくなってしまったため、やめさせていただきました」

 

<悪い例>

「嫌な人がいたからやめました」
「おもしろくなかったからです」
「アルバイトが面倒になってしまって…」

 

 

あなたの長所・短所を教えてください。

この質問もとても多いので、事前に準備しておきましょう。
わからない場合は、周りの友人や家族に「私の長所と短所ってなんだと思う?」と聞いてみるといいでしょう。
この質問をすることで、面接官はあなたの性格を知りたいと思っています。
その性格が募集求人とマッチしているかを確認するための質問なので、募集求人と合うような性格をアピールできるとすごく良いでしょう。
また、短所を説明するときは、それを改善するために工夫や努力していることを一言添えて伝えると好評価につながります。

 

 

<良い例>

「長所は明るく人見知りしないところです。短所は忘れやすいところなので、いつもメモを取るように心がけています」

 

<悪い例>

「長所はノリがいいところです。短所は飽きやすいところです。」
 →これでは気分屋で飽き性で仕事が長続きしないかもしれない、と不安に思われてしまいます。

 

「(接客の応募で)長所は真面目にコツコツと取り組めることです。短所は人と話すのが苦手なことです。」
 →接客の応募時はコミュニケーション力が求められます。面接者がミスマッチと判断してしまうような性格をアピールするのは避けましょう。

 

何か質問はありますか?

この質問を最後に聞かれることはとても多いです。基本的には、素直に聞きたいことを聞きましょう。
注意するポイントとしては、失礼な質問や話が長くなってしまう質問は避けましょう。
また、質問がないとやる気がないと捉えられてしまうこともあります。何か1つは質問を用意していきましょう。
どうしても質問が浮かばない場合は「求人情報のページが充実しており、先ほど面接の中でも丁寧なお話を聞かせていただいたので、
考えてみたのですが今は質問が浮かびません。ありがとうございます。」のように、丁寧にその旨を伝えましょう。

 

<良い例>

「一週間にどれくらい働くことができますか」
「一緒に働く方の数は、大体何人くらいなのでしょうか?」

 

<悪い例>

「別にありません」

 

アルバイト探しって難しい・・・

そんなあなたにオススメの求人サイトをまとめてみました!

定番の大手サイトから地域に密着した探し方が出来るサイトまで

幅広く取り扱っています!

紹介ページはコチラから!


スポンサーリンク

関連記事一覧