バイト、パート面接の流れ~到着から受付へ~

面接の流れ~到着から受付へ~

スポンサーリンク

 

ここでは、面接当日の面接場所に到着したときの流れを説明します。

 

到着

面接当日は、時間に余裕を持って面接場所に着くように出発しましょう。
もしスムーズに移動ができて早すぎる時間に面接場所に着いてしまった場合、そのまま受付に行くのは避けましょう。
近くのカフェなどに入ったり周りを歩いてみるなどして、時間を調整しましょう。
30分前や1時間前などに行ってしまうと、相手の会社で待つ時間が長いので待合室を手配してもらうなどの迷惑をかけてしまう場合があります。
受付に行くのは、どんなに早くても約束時間の15分前ほどにしましょう。
冬などでスーツの上にコートを着ている場合は、建物に入る前に脱いで手に持ってから入りましょう。
また、建物に入る前に携帯電話やスマートフォンの電源は消しておきましょう。

 

 

受付へ

約束時間の5分~10分前位になったら、受付へ行きましょう。
受付の方に

 

「こんにちは。(おはようございます。こんばんわ。)
 本日□時からのアルバイトの面接でうかがいました○○と申します。
 ご担当の△△様をお願いいたします。」

 

と名前と来訪目的を告げて約束している面接担当者を呼んでもらいましょう。
受付の方が面接担当者に確認の電話をした後、待つ場所を指示されます。
(もし受付に人がいなく内線電話がある場合は、横にある内線電話帳を参考に電話をかけて同じ内容を伝えましょう。)

 

受付からそのまま面接室へ通されることもありますし、一度控え室に通されて準備が出来てから面接室に通される場合もあります。
待っているときの態度もチェックされていることが多いので、面接の時間まで落ち着いて静かに待ちましょう。
質問の回答を頭で思い返したりするのもいいでしょう。

 

待っている間も面接中も、姿勢のポイントは同じです。
以下の点に気をつけながら、待合室でも面接室でも過ごすようにしましょう。

 

  1. 椅子の背もたれは使わない。
  2. 椅子に浅く腰掛けて、背すじを伸ばして座る。
  3. 落ち着きなくキョロキョロ周りを見渡したり、常に髪をいじったりしない。
  4. 足を組んだり投げ出したりしない。
  5. あくびをしたり、メイク直しや携帯チェックをしない。

 

 

会社に入ってから出るまでは、常に見られている意識を持って、落ち着いて堂々と振舞いましょう。

 

アルバイト探しって難しい・・・

そんなあなたにオススメの求人サイトをまとめてみました!

定番の大手サイトから地域に密着した探し方が出来るサイトまで

幅広く取り扱っています!

紹介ページはコチラから!


スポンサーリンク

関連記事一覧