バイト、パート面接の時の身だしなみ

アルバイト面接の時の身だしなみ

スポンサーリンク

 

「面接の受け答えもうまくいったのに…どうして落ちてしまったんだろう」という人がいます。
アルバイトの面接時には受け答えの内容はもちろん大事なのですが、他にも重要なポイントがあります。
それは「身だしなみ」です。
身だしなみによって、あなたの第一印象がほとんど決まります。
いくら受け答えが完璧でも身だしなみがよくない印象だった場合、残念ながら採用されない可能性の方が高いのです。
でも、なにも「スーツを新調して着て行かなくてはいけない」というわけではありません。
特に社会人前の学生や主婦の方などは、スーツを着る機会も少ないと思いますし普段着で全く問題ありません。

 

ここでは、身だしなみのポイントをご紹介します。
ポイントは「清潔感」です!

 

服装

シンプルで派手すぎない清潔感のある服装を意識しましょう。
極端なミニスカートや肩や背中が出ている服や厚底の靴など、若者ファッションは避けましょう。
年配の方が面接官だった場合などに、大きなマイナスイメージになってしまう可能性があります。
ボロボロのジーンズにスニーカーなどの服装も避けたほうがいいでしょう。

 

アクセサリー

大ぶりなピアス、ネックレス、ブレスレットや指輪などは外していくほうがよいでしょう。
小ぶりでシンプルなものなら、場合によっては1つ位していても問題ないでしょう。
もちろん結婚指輪をされている主婦の方は、指輪をつけたまま面接に臨んで問題ありません。
迷ったら「清潔感を感じるかどうか」という視点で考えてみましょう。

 

化粧

派手なメイクは避けて、落ち着いた印象のナチュラルメイクにしましょう。
「化粧禁止」という指定がない限りは、化粧をすること自体がNGなわけではありません。
顔色がよく健康的で印象がよく見えることは、面接にもプラスにつながります。
ただ派手なメイクをしていると働くのに相応しくないと判断されてしまうことがあるので、気をつけましょう。

 

爪は長すぎないように、切ってから面接に臨むのがよいでしょう。
特に食品を扱う飲食業では、爪の長さは不衛生感につながってしまいます。
またネイルも禁止の場合が多いので、面接時はできるだけ落としていきましょう。

 

髪型

極端に明るい色の髪や、ボサボサで清潔感を感じない頭などは避けましょう。
髪が長い方は、心配であれば束ねて面接に行くことが安心でしょう。

 

 

職種によって、働くときの服装や髪型などに規則がある職場も多いです。
求人情報に書いてあることも多いので、よく確認してみましょう。
「茶髪禁止」という求人に応募して茶髪で面接に行ったら、間違いなくマイナスイメージになってしまいますよね。
逆に服屋さんなどでは、服装や化粧やネイルなどが自由なお店も多いです。
もし求人情報でわからないことがある場合は、面接に行く前に電話で服装や身だしなみの決まりがあるかを問い合わせておくと安心でしょう。

 

身だしなみも準備ができて、面接の受け答えもしっかり準備ができて、当日の持ち物も準備ができたら…
あとは「笑顔」と「元気」を持って当日の面接に臨みましょう!

 

アルバイト探しって難しい・・・

そんなあなたにオススメの求人サイトをまとめてみました!

定番の大手サイトから地域に密着した探し方が出来るサイトまで

幅広く取り扱っています!

紹介ページはコチラから!


スポンサーリンク

関連記事一覧