バイト、パートへの応募電話~不在等の対処法~

アルバイトへの応募電話~不在等の対処法~

スポンサーリンク

アルバイトの応募先に電話をかけるときは、とても緊張しますよね。
事前にしっかり準備をして話す言葉を何回も練習してから電話をかけても、実際のやり取りの中で思わぬケースに当たる場合もあります。

 

ここでは、そんなケースの場合についてご説明します。
下記の場合も事前に想定しておけば、慌てずに対処することができます。

 

担当者が不在の場合

電話をかけて担当者に代わってもらうようにお願いしたときに「あいにく不在で…」と言われてしまった場合は、こちらからかけ直すように伝えましょう。
また、かけ直す時間を合わせて確認するのを忘れないようにしましょう。

 

<例>

「またあらためてお電話させていただきたいと思います。
 何時ごろにお電話するのがよろしいでしょうか?」

 

 

もし、かけ直すことを伝えたときに「担当者から電話させるので連絡先を教えて」と言われた場合は、自分の名前と電話番号を伝えましょう。

 

<例>

「ありがとうございます。○○大学の○○ ○○と申します。
 電話番号はXXX-XXXX-XXXXです。
 恐れ入りますがよろしくお願いいたします。」

 

 

担当者が忙しいために出られないと言われた場合
この場合は、忙しい時間に電話をしたことを謝った後で上記と同じようにかけ直す時間を聞いて、あらためてかけ直しましょう。

 

 

<例>

「お忙しいところにお電話をしてしまい失礼いたしました。
 あらためてお電話させていただきたいと思いますが、何時ごろがよろしいでしょうか?」

 

 

すでに応募が終了していると言われた場合
すぐに電話を切るのではなく、一言ご挨拶をしてから電話を切りましょう。

 

 

<例>

「お忙しい中ご対応ありがとうございました。失礼いたします。」

 

 

相手の声がよく聞き取れなかった場合

電話の場合、急に相手の声が聞き取れないときがあります。
大事な部分を聞き取れないままに電話を切ってしまうことは、後々大変なミスやトラブルにつながってしまうことがあります。
丁寧な口調でもう一度話してもらうようにお願いしましょう。

 

<例>

「大変申し訳ありませんが、電話の具合で少し声が飛んでしまったようで…
 恐れ入りますが、もう一度お話いただけないでしょうか。」

 

アルバイト探しって難しい・・・

そんなあなたにオススメの求人サイトをまとめてみました!

定番の大手サイトから地域に密着した探し方が出来るサイトまで

幅広く取り扱っています!

紹介ページはコチラから!


スポンサーリンク

関連記事一覧