バイト、パートに受かる、採用される履歴書の書き方

アルバイトに受かるための履歴書の書き方

スポンサーリンク

アルバイトに応募するときに、絶対必要となるものが履歴書です。
アルバイトの採用結果は面接だけで決まるのではありません。
履歴書も、採用結果に大きな影響を与える重要なアイテムなのです。
マイナスポイントをなくして、プラスの印象につながるような履歴書にすることで、面接前に他の応募者より一歩リードすることが出来ます。
ここでは、履歴書の書き方のポイントを説明します。

 

 

履歴書の書き方のポイント

 

丁寧に書くこと

履歴書は、最初から最後まで丁寧な字で書きましょう。
字の「うまい・下手」は個性なので印象に響きませんが、字が「丁寧か・雑か」はとても重視されます。
字に自信がない人でもゆっくり丁寧に書いた字は、面接官にしっかり伝わるので安心しましょう。

 

黒のボールペンで書くこと

履歴書は、正式な書類でとても大事なものです。
もしえんぴつやシャーペンで書いた場合、誰かが消して書き直してしまうことも可能になってしまいます。
正式な書類が勝手に書き換えられてしまったら大変ですよね。それを避けるためにも、ボールペンで書きましょう。

 

間違えたら新しい用紙で書き直すこと

誤字・脱字があった場合は、新しい用紙にはじめから書き直しましょう。
修正液や二重線は絶対に使わないようにしましょう。

 

氏名・生年月日の書き方

「氏名」欄は自分の名前を書きます。
氏名の欄は他の行より幅が広いことが多いので、他の行の文字よりも大きめに名前を書きましょう。
名前の横の「印」と書いてあるところに押印をしましょう。シャチハタでも可です。
ふりがなは、「ふりがな」と書かれていたらひらがなで書きましょう。
「フリガナ」と書かれていたら、カタカナで書きましょう。
「生年月日」は自分の生まれた生年月日を書きます。
昭和、平成などは「S」「H」と略さずに、「昭和」「平成」としっかり書きましょう。
年齢の部分は、今の年齢を書きましょう。
満○歳となっていますが「何歳になった」という意味なので、特に気にする必要はありません。
性別欄は、自分の性別の方に○を付けましょう。

 

現住所の書き方

「現住所」には、今自分が住んでいる住所を書きましょう。本籍と間違えないようにしましょう。
郵便番号を書き忘れる人もいるので、忘れないように郵便番号も書きましょう。
また、履歴書は正式な書類なので省略不可です。住所は省略せずに、都道府県の部分から最後まで全部書きましょう。

 

連絡先の書き方

「連絡先」の欄は、現在の住所の連絡先とが異なる場合のみに書きます。
連絡先が現住所と同じ場合は空欄のままで構いません。

 

電話番号の書き方

自分の住んでいる家の電話番号と、携帯を持っていれば携帯番号も書きましょう。
どちらかしかない場合は、片方のみで構いません。

 

写真の貼り方

履歴書に書いてあるサイズに合わせて切り取った写真を貼りましょう。
カラー写真・モノクロ写真どちらでもOKです。
3ヶ月以内に撮った正面を向いた写真を使いましょう。
他の人と一緒に写っている写真やプリクラ、帽子やサングラスで顔が隠れている写真などは不可です。
もしはがれてしまったときに誰の写真かがわかるように、写真の裏にペンでフルネームを書いてから貼り付けましょう。

 

履歴書の日付の書き方

日付の欄は見落とす人が多いので、書き忘れないように注意しましょう。
作成日の日付を書くものですが、作成から提出までに長く日にちが空く場合は提出日の日付を入れても問題ありません。

 

アルバイト探しって難しい・・・

そんなあなたにオススメの求人サイトをまとめてみました!

定番の大手サイトから地域に密着した探し方が出来るサイトまで

幅広く取り扱っています!

紹介ページはコチラから!


スポンサーリンク

関連記事一覧